ウクライナのパフォーマーThe Organismはマルチジャンルで、常に予測不可能なプロデューサーであり、彼のサウンドは催眠的な低音の振動、刺激的なシャーマン・ボーカル、神秘的な民族的サウンドを組み合わせた独自のスタイルが特徴である。

その後、退屈なメインストリーム・サウンドから離れることを決意し、サウンドの実験を始め、若いミュージシャン、シンガー、サウンドエンジニアを彼の作品に惹きつけ、The Organismを具現化した。

TOMOE MAEYAMA