Kurup

ブラジルのセラード地域出身、現在はポルトガルのリスボンを拠点に活動するProducer/DJ。
南米とアフリカの民族学、世界的なカルチャーショックとエレクトロニック・ミュージックの接点を見つめながら、クルップは常にサイキックでドラマチックなリズムを追求している。
このプロジェクトは、スローモーションで物語を語るミックスや、ハイテンポのクラブトラックを通して、内面に存在する無限のグルーヴを表現するものである。

出身地セラードには、生物学的に最も多様な熱帯サバンナがあり世界で最も多様な生き物や植物が存在する。そのようなバックボーンで育った彼の音楽は、生きて呼吸する風景に囲まれているという感覚が反映されているかのように、土臭いキック、複雑なポリリズム、パーカッション、ファンキーなメロディなどで構成され、熱気あふれる色とりどりのジャングルの環境を想起させるドラマチックな作風を得意とする
Looking at the intersections between South American and African ethnology, the global culture shock and Electronic music, Kurup is always seeking for psychic and
dramatic rhythms. Either through slow motion story-telling mixtapes or high tempo club tracks, this project is a manifestation of the infinite groove that exists within.

Hailing from Brazil’s vast Cerrado region and now based in Lisbon, Portugal, K u r u compositions sounds like a parade of fantastic creatures creeping across the forest floor:
inexorable, mysterious, strangely alive. The Cerrado is home to the most biologically diverse
tropical savannah in the world, and Kurup’s music reflects a sense of being surrounded by a
living, breathing landscape. He builds his songs out of earthy kicks, complex poly-rhythmic
percussions and funky melodies that slice through a canopy of atmospheric delays evoking an environment of a hot multi-colored jungle.

→ soundcloud

nakamoto