90年代にDerrick Mayの〈TRANSMAT〉、ベルギーの名門アンビエントレーベル〈Apollo〉R&SやPeacefrog、2000年代にはサンフランシスコの〈Ubiquity〉やアムステルダムの〈Delsin〉と名門レーベルから素晴らしい作品のリリースを重ねてきたデトロイトの奇才John Beltran。

最近では自らのルーツであるラテン・サウンドから、美しいアンビエントまでJohn Beltranの世界を凝縮したアルバムを福岡のBlue Arts Musicよりアルバムをリリースばかり。

今回のsea of greenでは朝日が昇るころのタイミングからLIVE&DJのロングセットで登場する。

→ sound cloud

admin99sog