世界中にはたくさんのDJが存在する中、80年代中盤からウエアハウスなどのレイブシーンでキャリアをスタートさせたDoc Martin、今尚世界中のダンスミュージック愛好家から熱い支持を受けているDJの一人である。

1986年の夏、サンフランシスコのウェアハウスシーンでDJキャリアをスタート。
ディスコ、ファンク、レゲエ、オールドスクールヒップホップからクラシック、ガラージ、ハウス、テクノまで縦横無尽にミックスするスタイルで一躍人気DJになり、人種・性別・世代を超越したパーティーとして知られるFlammable LiquidやSunday Love、そして90年代にはニューヨークのTwilo、イギリスのCreamでもレジデントDJとして活躍。
Frankie Knuckles、Derrick May、Louie Vega、Carl Cox、Sashaらと並ぶ世界のトップDJと称され、その地位を不動のものとする。

Doc Martinの運営するSublevelのパーティーでは出演者、サウンド、ライティング、アートワークなどにこだわり各地のスペシャルヴェ二ューでパーティーを開催、世界に2台しかないBOZAKのスピーカーを使った中庭でのパーティーや、教会、ボールルーム、倉庫などのクラブとは別の新境地を開拓し続け、西海岸のポスト・レイブ・ダンスミュージックのアイコン的存在として君臨することになる。

そして今回Doc Martinは大自然に囲まれたsea of greenの会場で、キャリア30年以上にも及ぶ経験から引き出されるスペシャルな野外でのDJ SETでsog’18のラストを締めくってもらいます。
皆さんこうご期待!

http://sublevelcalifornia.com/bass/

admin99sog