DBX aka Daniel BellDBX (Accelerate) 90年代から現代まで続くミニマルハウス/テクノというタームを語る上で、決して避けて通ることができない唯一無二のイノヴェーターにして孤高のグルーヴマスター。

デトロイト出身のDaniel Bellは90年代初期にDBX名義を名乗り、Richie HawtinとのプロジェクトCybersonikでシーンに登場。1992年に自身のレーベルACCELERATEを立ち上げて以降は極端なまでにストリップ・ダウンした最小限の音と構成で最大限のファンクとグルーヴを生み出すという独自のスタイルを確立する。

ACCELERATEの初期作品群において展開されたその実験は1994年にリリースされた [Losing Control] でついにひとつの結実を見る。 シンプルきわまりない4/4ビーツにフィルター処理されたDaniel自身のヴォイスを延々と重ねたこの作品は、当時のヨーロッパにも絶大な影響を与え、現代ではごく当たり前となった「レコードを曲としてではなくミックスのためのパーツ/ツールとして扱う」という基本的なアイデアのルーツは、間違いなくこの [Losing Control] がひとつの端緒になっているはずだ。

また、[Losing Control] の強烈なインパクトの陰に隠れがちではあるが、ELEVATE(Theo ParrishとDanielが共同運営していたハウス・レーベル)からリリースしていたKB Project名義での [The Symphony (Can You Feel It)] などもまたサンプリング・ベースのハウスグルーヴをひとつ先の次元に押し進めたイノヴェイティブな名トラックとして今も根強く支持されつづけている。

2000年以降はPerlon、Playhouse、Logisticsといったミニマルハウスを代表するレーベルからEP、リミックスワークを発表し、PerlonのGet Perlonizedコンピレーションに参加する等、リリース数は少ないものの確固とした存在感で他を圧倒し続けている。 2008年にはMovement Festival(Detroit)、Rex Club(Paris), Fablic(London), Berghain(Berlin), Panorama Bar(Berlin), Robert Johnson(frankfurt), Banker(New York)等、30を超えるクラブ、フェスティバルを巡るライブツアーを実施し、2008年、2014年にはTaico Club、2015年にはWombでも唯一無二のライブパフォーマンスを披露した。

admin99sog