DJ

Dorian Paic(from Germany)

Drian Paicダンスミュージックラバーたちにとって、Dorian Paicのバイオ以上にフランクフルトのテクノとハウスの歴史を物語るものは多くない。フランクフルトのディスコ"Dorian Gray"やSven Vathの伝説をうみだした"Music Hall"、カルト的クラブ "XS"、そしてイビザの"Monza"やオッフェンバッハの"Robert Johnson"など、Paicは様々な形でこれらの伝説的クラブと関わりをもってきた。Paicは、様々な階層出身の人々とその人生の交わるナイトライフやスモークマシーンの吐き出す煙、そしてもちろんダンスミュージックの虜になっていた。

90年代は瞬く間に過ぎ去ったが、その後PaicはクラブMonzaのレジデントになっただけでなく、 レコードショップFreebase周りの音楽的思想にも多大な影響を与えた。Ricardo Villalobosは話題となった"Fabric Mix"でDorianをサポートとして引き入れ、Sven VäthはLove Family ParkやIbizaでのパーティーにおいて、頻繁にPaicをオープンDJとして指名した。どこをとっても垣間見る賞賛の嵐は、決して偶然ではない。エキスパートは突然現れたりはしない。 Dorianのレーベルである" Raum…musik"も同じである。A&Rマネージャーと同時にRaum…musikのアーティストの一人となったことで、メジャーとインディーの垣根を越えた錚々たる面々が揃ったことが分かるだろう。そして、ベルリンとブラジルの間のどこかでDJをしていないときは、DorianはRobert Johnsonのキャストに属し、Meatとともに幾度もFreebaseのパーティーをオーガナイズしながら、様々な音楽活動を通して、マイン川が干涸びてはいないことを確かめている。

MINILOGUE(from Sweden)

MINILOGUE(from Sweden)ハウス、テクノシーンにインスパイアを受けたスタイルはジャンルにとらわれることなく、プログレッシブからディープなエクスペリメンタルテクノ、そしてダ ウンビートまで幅広い音楽をカバーするニュープロジェクトとして始動した。Cocoon、TRAUM、SOG、 Baroque、Sprout、WIR、Silver planetなど数多くの優良レーベルからのリリースをはじめ、Chillosophyからのダウンビート、またDamian Lazarus率いるレーベルCrosstownからもリリースを重ねてきた。SON KITEで培ったテクニックやアイデアを長い時間をかけて再構築した、MINILOGUEのスーパーライブは、いまやヨーロッパではSON KITEを凌ぐ勢い。2008年にはアルバム「Animals」をSVEN VATH率いるCOCOONからリリースし大ヒットを記録。2013年にも同COCOONより大作「Blomma」をリリースした。 テクノシーンにとどまらない音楽性は、世界中のダンスミュージックファンの期待を一身に背負い、世界各地でそのスーパーライブを披露し続けている。

そして今回のsea of green では残念ながらSebastian MullaertとMarcus Henriksson,の2人がステージに立つことは実現できなかったが、Marcus HenrikssonによるMinilogueとしてのSpecialなDJセットを披露する。

Chris Coco(from UK)

chriscocoDJとして80年代後半からキャリアをスタートさせチルアウトDJの重鎮の一人として君臨するChris Coco。Milnistry of SoundやEMI Classicalといったレーベルからコンピレーションをリリース、またチルアウトの有名なコンピレーションCD『Cafe del Mar』に楽曲提供を行なう等、いままでに数々の良質なトラックを世に送り出して来た。その多岐に渡る功績はIbiza DJ Awardsを受賞するほどだ。プロパーなハウスやダウンテンポのエレクトロニックを混ぜ合わせながらフロアの雰囲気を構成していくスタイルは前回のsea of greenにおいても広大な大自然とマッチし、普段の日常から離れた特別な雰囲気を味わわせてくれた。

また、2016年5月にはsea of greenレーベルよりmixCD「cafe Que sera sera #001」をリリース。
今年はファイナルセットでの参加となり、パーティーの締めくくりを彩ってくれることとなる。

Dana Ruh(from Germany)

Dana Ruh(from Germany)ドイツの片田舎ゲラで生まれ育ったDana Ruhは、学校卒業後すぐに首都ベルリンへ移り住み、音楽制作を続けてきた。初期の彼女のサウンドはテクノの影響を受けたもので、そのほとんどが、2007年に友人のAnnと立ち上げたレーベル(Antheaは2012年から参加)からのリリースであった。レーベル "Brouqade" は、現代クラブサウンドとして世界へ発信され、Dana Ruhをアンダーグラウンドダンスミュージック界でトップレベルのフィメールDJへと押し上げた。
 

ディープでスモーキーなハウス・テクノサウンドをつくりあげ、DanaはCocoonのAndre GaluzziとコラボレーションEP「Mauersegler」をOstgut Tonからリリースした。また、Jus-edによるNew Jerseyのレーベル、"Underground Quality" の一員となった。彼女の素晴らしいデビューアルバムがリリースされたのも"Underground Quality"からであり、当然のごとく高評価を得ている。2015年には、Danaのムーディーで眠りに誘うようなショーに力強さを加えるEPがリリースされた。

彼女はスタジオで時間を持て余しながらも、地下室や汚れた倉庫で完璧に映えるトラックを作成していた。その時でさえ、Dana はベルリンのClub Der VisionareのレジデントDJという地位を保ち、素晴らしいプレイを披露してきた。まさにClub Der Visionareこそが、Danaが世界のハウスとテクノの間で光る魅力的なトラックをかけてきた場所であり、同時に、イギリスからアメリカ、ルーマニアからロシアに至るまで世界中のクラブやフェスにおいても同じようにDJを続けてきた。ダンスミュージックを浴びつづける競争的な環境で活動してきたにもかかわらず、Dana Ruhは声を大きく上げ続けた。だからこそ、彼女は賞賛に値する。

Mungolian Jet Set
(from Norway)

Mungolian Jet SetDJ StrangefruitとKnut SævikによるプロジェクトであるMungolian Jet Set。Pål NyhusことDJ Strangefruitは1990年代初頭のレイブカルチャーを経て、ノルウェーの国営ラジオ番組を担当したり、Prins ThomasにDJを教えたりと、ノルウェーの音楽シーンに貢献する。Bugge WesseltoftやNils Petter Molværといったノルウェーのジャズミュージシャンとも親交が深く、Bugge Wesseltoftのアルバム『New Conception Of Jazz: Sharing』(JAZZLAND/1998年)や、Nils Petter Molværのアルバム『Solid Ether』(ECM/2000年)ではターンテーブル(Sampling, Sound Effects)として参加している。
Knut Sævikは年少時にピアノを学び、ノルウェーの最重要スタジオのひとつであるKrise Studiosでエンジニアとしても活動し、LindstrømやDominique Leoneなどの作品のミックスを担当した。

2006年にはMungolian Jet Setとしてのファーストアルバム『Beauty Came To Us In Stone』を、Bugge Wesseltoftが運営するレーベルJAZZLANDからリリース。その後、ノルウェーの音楽レーベル、Smalltown Supersoundからアルバム『We Gave It All Away, Now We’re Taking It Back』(2009)、『Schlungs』(2011)、『Mungodelics』(2012)を発表している。2015年、待望の新作『A City So Convenient』EPをリリース!

http://www.mungmusic.com
http://www.smalltownsupersound.com/2010/08/23/mungolian-jetset